従業員の体内に小さなシリコンチップが埋め込まれた!
%u7C73%u56FD%u521D%u3001%u4F53%u306B%u57CB%u3081%u8FBC%u3093%u3060IC%u30BF%u30B0%u3067%u5F93%u696D%u54E1%u3092%u8A8D%u8A3C
体内埋め込みICタグなんてのがホントにあるとは!


米国初、体に埋め込んだICタグで従業員を認証
AP通信

監視機器を扱う米シティーウォッチャー・ドット・コム社で、2人の従業員の体内に小さなシリコンチップが埋め込まれたことが13日(米国時間)に報じられた。ICタグを使った認証技術の試験の一環として、本人が志願したものだという。

メキシコ検事局では、2004年に、いわゆるRFID(Radio Frequency IDentification:無線通信による識別技術)チップを一部の職員の体内に埋め込み、立ち入り制限区域への人の出入りを管理している。シティーウォッチャー社が従業員にチップを埋め込んだのは、業務上で人体にこの技術が使われた米国初のケースと考えられている。

シティーウォッチャー社のショーン・ダークス最高経営責任者(CEO)自身も、体内にチップを埋め込んだ。

「私もチップを埋め込んでいる。自分がやろうと思わないことを人にやれとは言うつもりはない。当社の従業員が、クビを恐れてチップを埋め込まざるを得なくなるようなことはない」とダークスCEO。

チップは米粒くらいの大きさで、前腕の皮膚のすぐ下に医師が埋め込んだとダークスCEOは述べる。

チップは「入室カードのように機能する。ドアの外側に読取装置があり、近づいてその下に腕を出すとドアが開く」とダークスCEOは説明した。

ダークスCEOによると、チップを埋め込まれた従業員の行動をシティーウォッチャー社が追跡することはできないという。

「これはパッシブチップだ。信号などは発信しない。カードキーと同じようなものだ」とダークスCEOは述べる。

シティーウォッチャー社では6つの都市と契約し、犯罪の発生しやすい地域でカメラとインターネットを使った監視を提供しているという。同社では今回埋め込まれたチップを使って、警察が使用するデータや画像が保管されている収蔵庫に出入りする従業員の認証を確実にする実験を行なっているとダークスCEOは述べた。

この技術そのものは第二次世界大戦前から存在するが、近年、さまざまな形で利用されるようになっている。ペットや車両、倉庫にある商品の追跡などだ。

ハリケーン『カトリーナ』による被災の後、収容される遺体が増え、行方不明者に関する届出も急増したため、ミシシッピ州の遺体安置所の一部の職員が、身元が特定できていない遺体の状況管理にこの小さなコンピューターチップを使った(日本語版記事)という例もある。

[日本語版:平井眞弓/長谷 睦]


ほ、ほんとにこんなことがある時代なんだなぁ。
怖いね。(◎-◎;)
by nawakatsunori | 2006-02-16 01:16 |
<< カルシウムは百害あって(ってほ... 西武交通興業株式会社、その後 >>