タグ:音楽 ( 5 ) タグの人気記事
大失敗!やっぱ、へたくそだったぜ、俺…(/_;)
今日は師匠のライブだった。ローラン佐藤ライブ@BlueHeat Shibuyaだ。教室で習ってる連中や、日曜日にやってるジャム・セッションに集まる連中、セミプロからプロまでが参加してのセッションだった。

一曲吹かせてもらったけど、ぜんぜんダメ!自分的には100点満点の10点ってとこだ。娘にいわせれば、練習のときのほうがぜんぜんマシ。自分でもそう思う。ホント、へたくそもいいとこ。練習してるときにはもう少しマシに吹けるだろうと思っていたんだけど、まったくいいとこなし。実際、あれほどへたくそだとは思わなかった。ヘタはヘタなりに、もう少しいい音が出るはずだったのだが…

師匠の奥さんが「それほどヘタでもなかった」と褒めて、いや、慰めてくれたけど、満足感がない。哀しいくらいへたくそだった。完全にリラックスして臨んだつもりだったんだが、ホントはけっこうあがってたんだろうな。

うぅ、次のライブはもう少し練習して、聴かせられるようにしよう。

ま、それはともかく、師匠のローラン佐藤氏、ホントにうまい!ってか、ホントに感動させてくれる。テクニックもさることながら、魂を揺さぶるものがサックスのベルから迸る。年期が違うし、素質も違うから、あこがれこそすれ、比べて悲しい思いをすることはない。そういうレベルの話ではないわけだ。身びいきでも何でもなく、冗談抜きでマジ、世界一のサックス・プレイヤーのひとりかも知れない。

セッションに参加したひとたち、それぞれに上手い人、テクニックのある人ではあるが、それでも彼らの演奏のときには雑談も聞こえることもある。ローラン佐藤氏の演奏のときは皆、聴きいっている。もちろん、俺もだ。魂のライブだ!

師匠のライブがあるときは、このブログでお知らせするから、ぜひ一度、聴いてみてくれ。

ただし、ライブを聴いて、あぁいう音が出したい!あんな演奏がしたいと思ってサックスを習い始めるハメになっても、俺は月謝は出してあげないけどな。
by nawakatsunori | 2006-05-06 01:02 |
いやぁ、今日のDave Koz & Kirk Whalumはよかった!
お知らせ欄に書いておいた、

4/4(火)
DAVE KOZ with the RENDEZVOUS ALL-STARS featuring KIRK WHALUM & BRIAN SIMPSON

f0029255_223457.jpg

f0029255_23666.jpg
f0029255_232514.jpg

に行ってきた。これは楽しかったよ、オーネット・コールマンのときと違って。

午前の診療を終え、駅で食事してから湘南新宿ラインで渋谷。渋谷からタクシーで一区間ちょい、千円弱で南青山。骨董通りのパパス・カフェ前でタクシー降りて、久しぶりのブルーノート東京。15時ちょっと前だったので骨董通りのスタバでコーヒー。

15時になってブルーノートに入ったら、もう整理券をもらうための行列ができてた!まぁ、それほど人がいたわけじゃないので、整理番号14番。これならいい席が取れる。

またタクシーで渋谷に行き、東横線で自由が丘、自宅へ。パソコン・バッグを置き、厚手のウールのジャケットじゃ暑苦しいから、合い物スーツに着替えてまたブルーノートに向かう。17時開場だが、30分ほど早く着いてしまったから、南青山付近をぶらぶらして過ごす。17時少し前にウェイティング・ルームに。14番の方と呼ばれて入場した。

おっと、ちゃんといつもの席が空いてるじゃん。やや右寄り、やや後方の一段高くなったソファ席。初めていったときに、一緒に行ってくれた鈴木・ウータン・正夫氏に教えてもらったステージがよく見えて、音響効果がいい席である。ここの難点は、ステージに遠いのでミュージシャンとの接触が少ないくらいか。後ろから登場するミュージシャンの場合(今日はそうだった)は、すぐ脇を通るので、やりとりができることもあるから、まぁまったく接触できないわけではない。

ともかく、そこに座り、食事をオーダーし、待つ。最初、オーダーを取りに来たのは席に案内してくれた若いおねーさん。当然、俺のことなんか知らない。酒の好みもわかっちゃいない。とりあえずビールを頼んで、ちょっと哀しい思いをしてたら、安藤優子さんが登場。これは安藤優子アナウンサーによく似た、フロア係のチーフのおねーさんのことであって、アナウンサーのあのひとではない。似てるので、俺は安藤さんと呼ぶが、本名は知らない。

彼女が俺を見つけて「あらぁ、久しぶりじゃないですかぁ!どれくらいお見えになってなかったですか?」「一年くらい…いや、半年くらいかなぁ。でも、今月は再来週も来るよ、ルー・ドナルドソン」「先月はハンク・ジョーンズが来たし、このところ、ご高齢ジャズ特集みたいになってますよ」「ご高齢ってば、オーネット・コールマン、行ってきたけどやっぱりフリージャズはダメだね。だから、今日はスムーズ・ジャズでお口直ししようと思って来たんだ」「えぇぇぇ、オーネット・コールマン、ダメでした?私、行きたかったけど、チケット取れなくて行けなかったんですよぉ」「なんだ、そうだったの?俺は性に合わないから譲ってあげれば良かった」「ところで、安藤さん、痩せた?」「そうなんですよ、体重としては3キロくらいなんですけどね、皆さんに痩せた?って云われます。もう歳なんであまり痩せたくないんですけどね」「いやいや、前よりもっとセクシーになったよ」なんて話をしてたら、哀しくなくなった。

「ビールの後は、やっぱりアイラですか?」「ずいぶん、来てなかったのに覚えててくれたの?!嬉しいね」「メニューが変わったんですよ、今、アイラが三点、セットになった、アイレイ・セットもありますよ。ブルイックラディ、ボウモア、アードベッグです。いかがですか?」「お!それにしよう!」

ストレートで三種類が来る。ミネラル・ウォーターがチェイサーでついてくる。どれもシングル分には少し足りない。全部合わせてダブルってとこか。すぐに終わる。また哀しくなって、タリスカーをストレートでオーダー。また哀しくなくなった。つまみは新メニューでお勧めの本マグロのナントカ(難しい名前で覚えてない)。シーザーズ・サラダとステーキも頼む。タリスカーのストレートを追加。もう一杯いこうかなんて考えてたら、客席が暗くなり…

のっけからデイブ・コズとカーク・ウェイラムの掛け合い漫才ならぬ掛け合い吹奏で、もうノリノリ状態でスタート。

とにかく客に対するサービスがすごい!歌わせるわ、ハンド・クラッピングさせるわ、プロとして当たり前と云えば当たり前なんだけど、ものすごく楽しませてもらった。

帰りにデイブ・コズ2枚、カーク・ウェイラム5枚、置いてあったCD全種類を購入。今、聴きながら書いてます。

再来週はサックス仲間でもある娘とデート。80歳のルー・ドナルドソンを聴きに、またブルーノート東京に行きます。
by nawakatsunori | 2006-04-05 00:43 |
やっぱりフリージャズは性に合わないなぁ
フリージャズだから、もともとあまり期待してはなかったけど、やっぱりダメ。
リズムに乗れたのがブルースのコード進行だった一曲だけ。

ときどき "When the Saints marchin' in" らしきフレーズが入ってたから、そうなんだろうと推測したけど、それだけ。他はわけがわからん。俺の音楽的素養がないからかなぁ。

んにゃ、フリージャズだからさ! f(^ー^;

まぁ、76の爺さまとは思えないタフなブローが聴けたからよしとしよう。

日曜か火曜にはブルーノート東京(仕事中など、クリック注意!音が出ます)から優待メールが来てたから、デイブ・コズでも聴きに行こう。3/30〜4/4だから、行けるのは日曜か火曜。
うん、スムーズ・ジャズなら大丈夫。
by nawakatsunori | 2006-03-29 00:39 |
今夜はオーネット・コールマンのコンサートだ!
今夜は池袋に行ってきます。”奇跡の来日”をはたしたオーネット・コールマンのライブを聴いてきます。バップ系の、それもソニー・ロリンズファンとしては、フリージャズってのにはあまり馴染めなくて、普段はあまり聞かないけど、なにせ”奇跡の来日”だから、聞いとかないとね。

それにしても、Ornette Coleman 奇跡の来日公演決定!!って大仰なキャッチコピーは誰が考えたんだ?

去年から今年にかけて、サックスの巨人が日本にやってきてる。昨年来日したソニー・ロリンズはオーネット・コールマンと同じく1930年生まれで、10分以上のソロを平気でこなしてた。

ロリンズが登場したときは、正直、失敗したと思った。なんか覚束ない足取りでよたよたと現れたからね。演奏が始まったら、ぶっとんだ!76歳の爺さまのブローじゃない!2時間のステージを吹きまくって疲れ知らず。

ロリンズの時の問題点はひとつ。二階席の前から二列目だったんだが、一列目に陣取ってたグループの中の一人、俺の左前のほうにいたおっさんのクラップだ。みんながアフタービートで拍子を取ってクラップしてるのに、そのおっさん、表うちしてる。盆踊りじゃないんだからさ、やめてよね。調子が狂うぜ。

それはさておき、オーネット・コールマン(クリックするときは注意!アルト・サックスが鳴り響きます)も76歳だろ?特に奇跡ってほどのことでもないんじゃないか?

奇跡というなら、ルー・ドナルドソンの来日公演だろうが!4月17日から20日まで、ブルーノート東京に来るんだって!1926年生まれだよ、俺が生まれた1955年頃にはアルフレッド・ライオンのBLUE NOTEレーベルの看板プレイヤーだぜ。もうとっくにお亡くなりかと思ってたよ。生きてても演奏はしないだろうと思ってた。それが来日公演だよ、ドクター・ロニー・スミスを引き連れてさ!

これも予約入れなきゃなぁ!

3月30日から4月4日までデイブ・コズも来るし、サックス好きは何かと物いりです。ここらは若いけどね、まだ。

ま、余談はともかく、今夜のオーネット・コールマンなんか、ルー・ドナルドソンの四つも下なんだし、しっかり頑張ってもらわんとね。

さて、着替えるか、「往年のコールテン」の服にね。f(^ー^;
by nawakatsunori | 2006-03-28 12:01 |
リピート山中コンサート
%u307F%u3085%u3046: %u30D7%u30EC%u30BC%u30F3%u30C8...%u30EA%u30D4%u30FC%u30C8%u5C71%u4E2D%u3055%u3093%u306E%u30B3%u30F3%u30B5%u30FC%u30C8%u30C1%u30B1%u30C3%u30C8
NONさまが急用で行けなくなったので「リピート山中コンサート」のチケットをプレゼントしてくれるそうです。

2006年3月18日(土)午後6時開演
会場/大阪・中之島中央公会堂

歌はすっげー上手。プロ歌手だから当たり前だけど。

一昨年だったか、昨年だったか、歌舞伎町のスナックで一緒にカラオケで遊んだときに、生の『ヨーデル食べ放題』を聴いて「う〜ん、やっぱり本家は違う、うまい!」と思ったけど、フツーの歌謡曲を聴いて「なんだよ、フツーの歌でも充分うますぎじゃん!」と、さらにびっくり。

MCも面白いし、コンサートに行く価値は高いよ!

先着順らしいから、NONさまのブログに急げ!
by nawakatsunori | 2006-03-09 11:51 |