タグ:宗教 ( 4 ) タグの人気記事
欲しいぞ!「オバケ探知機」
%u300C%u30AA%u30D0%u30B1%u63A2%u77E5%u6A5F%u300D%u306B%u65B0%u5546%u54C1%u304C%u767B%u5834%uFF01 | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8


Excite Bit コネタにあった記事。ここ、どーでもいい、おバカなネタを紹介してくれるんで好きです。

一時期、ネットやテレビで話題になったユニークアイテム「オバケ探知機」。こちらは、その場にオバケがいるかいないか、さらに悪いオバケなのか良いオバケなのかを教えてくれるというオバケ好きにはたまらない一品。(後略)

オバケなんてもなぁ、いやしねーよ。でも、欲しいぞ、これ。単なるシャレでだけどな。

ばかばかしいものって、面白いじゃねーか。こういうの、信じるヤツはどうかと思うが、面白がるヤツは好きだな、俺。自分が面白がってるからだが。

それにしても、『一時期、ネットやテレビで話題になった』って、俺、ぜんぜん知らなかったぃ。

これ、ソリッドアライアンスが作ってるばけたんストラップって携帯ストラップだ。ストラップじゃない元祖「ゴーストレーダー」ってのもある。こっちはUSBメモリ付きのもあるようだ。USBメモリのおまけにオバケ探知機がついてるって寸法だ。紹介ページをみると、もっともらしい理屈が書いてあるが、実にばかばかしくていいね。

まぁ、本気にするバカもいるだろうから、できたら「単なるシャレです」とか、一言コメントを入れといてくれたほうがいいと思う。

この会社、他にもばかばかしいのをいっぱい作って売ってる。新横浜にある、資本金18,000,000円の会社で、代表取締役は河原邦博さんってひとらしいが、2002年7月に設立されて、2006年の今日まで存続してるんだから、そこそこおバカ商品も売れてるんだろう。
企画もたぶん、この河原社長がやってるんだろうね。一度お会いしてみたいものだ。会わなくてもいいから話を聞いてみたい。テレビあたりで取り上げてくれないかなぁ。
by nawakatsunori | 2006-05-04 00:56 |
イエス彼に言いたまう「なんじがなすことをなせ」
木曜日の当直はちょっと忙しかった。金曜・土曜と9時−19時の仕事をして、日曜は半日だから、少しのんびりしようと思っていた。なのに、日曜日、急に当直を頼まれ、また当直。月曜日も9時−19時の仕事のあと、当直。いくらタフな俺でも、さすがに疲れた。木曜から日曜くらいまでの間に見つけて、ちょっと興味を持った記事があったが、書かずにいたことがある。

それは、ナショナル・ジオグラフィック日本版が報じているもので、「イスカリオテのユダは裏切り者ではなかったとする文書が見つかった」というものだ。

ナショナル・ジオグラフィック日本版の版元の日経BP→ライフスタイル→本日の必読記事からリンクをたどると以下の引用記事に到達できる。

1700年前のパピルス文書『ユダの福音書』を修復・公開
ユダに関する新説を提示

 ナショナル ジオグラフィック協会の支援する専門家の国際チームが、エジプトで発見された1700年前のパピルス文書を鑑定し、その修復と翻訳を行いました。調査の結果、この文書は『ユダの福音書』の名で知られる初期キリスト教文書の、現存する唯一の写本であることが判明しました。修復された写本の一部は4月6日、米国ワシントンD.C.のナショナル ジオグラフィック協会本部で世界に初めて公開されます。このプロジェクトはナショナル ジオグラフィック協会がウェイト歴史的発見研究所(米国・カリフォルニア州)、マエケナス古美術財団(スイス・バーゼル)とともに支援しています。

 『ユダの福音書』は、イエス・キリストとユダの関係に新たな光を当てる重要な史料です。新約聖書ではユダは裏切り者として非難されていますが、新たに発見されたこの福音書には、ユダがイエスをローマの官憲に引き渡したのは、イエス自身の言いつけに従ってしたことだと書かれています。

 パピルス文書は冊子状の写本(コデックス)で全体は66ページあり、26ページが『ユダの福音書』です。紀元3〜4世紀にコプト語(当時のエジプトの言語)で書かれたこの写本は、ギリシャ語の原典に基づくとみられています。パピルスの断片をつなぎ合わせて文章を読み取り、英語に翻訳する作業は、コプト語の世界的権威であるスイスのロドルフ・カッセル博士の率いる専門家チームが行いました。

 放射性炭素年代測定法、インクの成分分析、マルチスペクトル画像の解析、文章構造の分析、古文書学的な検証という五つの手法で鑑定を行った結果、この写本は後世の偽書ではなく、古代に記された本物の聖書外典であることが確認されました。

 支援プログラムを担当するナショナル ジオグラフィック協会のテリー・ガルシア副理事長は「この文書はキリスト教黎明期の歴史と宗教思想を伝える重要な手がかりであり、歴史家や神学者をはじめとする専門家が今後も引き続き研究していくべき、第一級の史料です」と話しています。

 日本では、この『ユダの福音書』の情報を次のような形でお伝えします。

・「ナショナル ジオグラフィック日本版」2006年5月号に特集記事を掲載(4月28日発売)
・この福音書の発見と解読のドラマを伝える書籍『ユダの福音書を追え』を緊急出版(5月2日発売、日経ナショナル ジオグラフィック社)
・ドキュメンタリー専門テレビ局「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」の2時間スペシャル番組『禁断の聖書:ユダが残した福音書の衝撃!』を放映(世界同時放映、初回放送4月9日)

当サイトでも、毎週金曜日(4月14日、21日)に、『ユダの福音書』の最新情報をお届けします。

これ、内容の真贋はともかくとして、本物の古文書らしい。つまり、イエスやユダが生きていた時代に書かれたものだと鑑定されているとのこと。

世界的にも評価の高い、田中英道氏の『レオナルド・ダ・ヴィンチ—芸術と生涯』 (講談社学術文庫)にある以下の文章を引くまでもなく、誰もがイエスの「なんじがなすことをなせ」という言葉は、予見された運命を甘受するものだととらえるだろう。

 イエスの胸によりそうヨハネの存在を強調するためか「最後の晩餐」の場面についてはヨハネ伝がもっとも生彩がある。ここではキリストはユダにひとつまみの食物を与え、自分を売る者を指摘しながらも「なんじがなすことをすみやかになせ」といったので、弟子たちは意味がわからないまま坐っている。すでに神から与えられた宿命を知って、ユダに裏切るがままにさせるのだが、ユダに「すみやかになせ」とわざわざ述べている。それは積極的に運命を甘受する意味なのか、舞台廻しの一人に早く劇を進行させるための催促なのかわからない。それははりつけにされるキリストの敗れるものとしての居直りの言葉のようにも響く。

田中英道『レオナルド・ダ・ヴィンチ—芸術と生涯』
講談社学術文庫 P.167

まぁ、これが普通の解釈だろう。ところが、歴史を覆す世紀の大発見 「ユダの福音書」が明かすイエス・キリストの最後の言葉 -nikkeibp.jp-にあるように、肉体を滅ぼす役割をもっとも信頼する弟子に託したものだったとしたら…

 『ユダの福音書』の記述には,グノーシス派と呼ばれる初期キリスト教の分派グループの思想が反映されている。グノーシス派は,物質世界は至高の神ではなく下等な創造神のつくった不完全な世界とみなし,善の究極の源泉である神性は物質世界の外側にあると考えていた。『ユダの福音書』の中で最も重要なくだりは,イエスがユダにこう語る部分だ。「お前は,真の私を包むこの肉体を犠牲とするだろう」

 つまり,ユダがイエスを死に追いやったのは,イエス自身の望みに従った行為であり,イエスをその肉体から解き放つことによって,真のキリスト,つまり内なる神が解放されるというのだ。ユダがこの役割を任されたのは,弟子たちの中で特別な地位にあった証拠であると,この福音書には書かれている。

だけど、それだったら役人に引き渡してポンティウス・ピラトの裁きを受けさせるんじゃなく、単に自殺の手伝いをさせるってのでもいいよな。

イエス自身の自殺も、ユダによるイエス殺人も「なんじ殺すなかれ」の戒めに抵触するからダメで、どうせ罪人であると思ってたローマの役人にやらせたってことかなぁ。

何にせよ、これが本当なら、ユダってひとはなんて偉いんだろう!2000年以上も裏切り者の代名詞みたいに扱われてきて、いいわけもしないなんて!!(できねーけどさ)

これが正式にバチカンで承認されたら、ユダは聖人にくわえられるんだろうか?

4月28日発売の「ナショナル ジオグラフィック日本版」2006年5月号と、5月2日発売の『ユダの福音書を追え』を買わなきゃ!

4月28日、5月2日、メモしとこっと。φ(.. )
by nawakatsunori | 2006-04-11 12:24 |
フツーのひとは公共の場で長いキスなんかしねーだろ?
%u30AD%u30B9%u3059%u308B%u306A%u3089%u77ED%u3081%u306B%uFF01%uFF1F%u30005%u5206%u4EE5%u4E0A%u306F%u902E%u6355%u3055%u308C%u308B%u304B%u3082 | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8

今どきの馬鹿ガキどもは知らないけど、公共の場でキスしないひとのほうが多いんじゃない、日本じゃ。したとしても、いわゆる小鳥のキスってぇのか、挨拶程度にちょっと触れるくらいだよなぁ。

どうでもいいけどさ、こんなの法律で取り締まることか?

逮捕でも罰金でも、好きにすれば、って感じ。(-.-;)y-゜゜


キスするなら短めに!? 5分以上は逮捕されるかも

[ 2006年04月08日 11時21分 ]

[ジャカルタ 7日 ロイター] 地元メディアが金曜日に報じたところによると、ジャカルタ近郊のタンゲランでは今後、公共の場で男女が5分以上キスしていると逮捕される可能性があるそうだ。

昨年市議会で可決された厳しい売春取締法に従い、タンゲラン市当局が「長いキス禁止条例」の施行を検討しているという。

タンゲラン市治安当局のアーマド・ルトフィー局長はコラン・テンポ紙に対し、「過剰に脚色して報道しないでください。権力を振りかざして無理やり逮捕するようなことはありませんから」とコメントした。

テンポ紙の報道では、「警察官はストップウォッチを携帯することになるのか?」という質問に、ルトフィー氏はノーコメントだったそうだ。

また、「5分間のキス」についてもはっきりした基準は不明で、途中に休憩が入った場合はどうなるのかも明らかになっていない。

主にイスラム教徒が居住するインドネシア郊外では、公共の場でキスすると周囲の人々から冷やかな目で見られることになる。しかしながら、キスに制限時間を設けるのは前例がないことだ。

新売春規正法施行により、タンゲラン市では夜中に路上で夫の帰りを待っていただけの女性(レストラン従業員)を警察官が売春婦と間違えて逮捕してしまったこともあり、2月には人権活動家などから批判が相次いだ。

インドネシア全体では、何年も前からポルノグラフィー規制についての議論が交わされている。同国の規制条例の草案では公共の場でのキスを禁止しているが、最終的にどうなるのかは不明だ。

by nawakatsunori | 2006-04-08 15:30 |
天使と使徒が聖母を陵辱
%u30DE%u30EA%u30A2%u50CF%u306E%u4E2D%u304B%u3089%u30B3%u30AB%u30A4%u30F3%u304C%u767A%u898B%u3055%u308C%u308B | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8

マリア像の中からコカインが発見される
[ 2006年04月01日 11時53分 ]

[ニューヨーク 31日 ロイター] メキシコから密輸入したコカインを聖母マリア像の中に隠した疑いで男性2名が木曜日に逮捕された。米麻薬取締局が明らかにした。

逮捕されたのは、メキシコ国籍のピーター・マタイス(52)、ラファエル・セラノ(36)の2人で、ニューヨークやヒューストンでマネーローンダリング、麻薬密輸に関わっていた罪で起訴された。また、彼らの共犯者とみられる他6名もすでに逮捕されており、同様の罪に問われている。

捜査により、ブルックリンの倉庫にあった高さ約1メートルの聖母マリア像の内部から110kgのコカインが発見された。

FBIの捜査官によると、数百万ドルの価値となるコカインの密輸にマリア像が利用されていたという。

米麻薬取締局はメキシコでの捜査を継続するとしている。

この2人の弁護人からのコメントは得られていない。

ピーターってば、ペテロでしょ?ラファエルに至っては、まんまだし…困ったヤツらだね。癒しの天使が一番弟子と結託して母親を麻薬漬けにしちゃうんだから、キリスト様も"イエス"とは云わず、"おぉ!ノー!!"だろう。いや、やっぱり"Jesus Christ!"って嘆くのかな?

こいつら、メキシコ国籍だってぇから、カトリックなんだろうけどなぁ。

元々の教義に従って、偶像崇拝はしないぞってことかぃな?
ちょっと笑えたね、犯人の名前で。
by nawakatsunori | 2006-04-01 12:42 |