<   2010年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
C63 AMG
久々の更新です。(^_^;

この一年、ちょっと忙しくてmixiもブログも更新してませんでした。
たまにケータイでアクセスするくらいで、パソコンはほとんど仕事にしか使っていない状況だったわけです。

俺ももう55(お!松井の背番号だ!)だし、落ち着きたいところなんだけど、やっぱそうはいかず、「やんちゃなおやぢが子供に返れるクルマ」と評されるのに乗り換えました。GT-Rも同じようなモンですけどね。

大阪にはもう居着いてしまうだろうし、賃貸マンションの家賃を払い続けても一生自分のものにはならないし、同じ払うなら買っちまえ!ってな勢いでマンションを買うことにしたんです。で、駐車場をみたら、パレット幅が1850mmまでしか入らないんですよね。

GT-Rの車幅は1895mm………入りまへんがな。(O.;)

で、GT-Rの馬力480ps、トルク60kgmに匹敵するクルマで、なおかつ幅が1850mmまでのものと探して、BMW M3、Mercedes-Benz C63 AMG、Audi RS4なんてのが候補に挙がったわけです。

BMW M3は乗り手を選ぶクルマだそうで、普通に乗っても面白いけど、腕が相当ないと速く走れない。クーペはかっこいいけど、セダンはイマイチ。また変速ブログラムが11種類もあって、状況に応じていろいろ替えたりするのが面倒、ってか、まずやらない。アシの硬さも5種類かなんかあって、面倒。
操作系も複雑だし。

RS4も同様で、これは四駆だからGT-Rに近いけど、やはり難しい。変速装置はまったくのマニュアルミッションだから家内が乗れないってことでいきなり却下。

メルセデスは車幅が1795mmと10cmほど狭く、フォードアセダンかワゴンしかなくてツードア好みの俺にはどうかと思ってたけど、初めから四枚ドアしかないなら、子供がもう一人増えるってことで、すなおに選べるし、0-100km/h加速が一番GT-Rに近い4.5秒という速さだし(ちなみに GT-Rはなんと3.6秒で狂ったような速さ!)、変速プログラムがコンフォート、スポーツ、マニュアルモードの三つ、スタビリティ・コントロールがオン、スポーツ、オフ(怖くて公道でオフになんかできるか!)の三つと選択が簡単だし、なんともいい感じなわけ。

オートカージャパン特別編集 PERFECT AMG BOOKーNEKO MOOK 1124で、元レーサー(それもすごい成績を残してる)で自動車評論家の桂伸一さんが書いていることは、

「C63のエンジンパフォーマンスは圧巻だが、それを特別なテクニックなど必要とせずにすべて引き出して走れるところが凄い」

ですし、同じ雑誌の翻訳記事、AUTOCAR No.4836では、『史上最高のAMGモデル』として、

「このC63こそがAMG史上最高のモデルであることに疑いの余地はない。
ダイナミクス能力の完成度の高さは他のAMGモデルを凌駕しており、凄まじく速いばかりか、ドライビングがきわめて愉しいクルマである。
もっとも、このクルマの購入を考えている諸兄にとってなにより気になるのは、最大の宿敵であるBMW M3よりも優れているのかどうかということだろう。
答えはイエス。AMG CクラスはついにM3を打ち破って見せたのだ」

また、同誌のChris Harrisによる記事の翻訳には、

「C63の有能ぶりは驚異的。しかもそれを日常ドライブで堪能できる」

これ読んだら、やっぱ、C63選んじゃいますよねぇ。で、乗ってみた結果、記載内容は本当だと感じてます。

三者の比較記事なんかにはC63はアシが硬すぎて乗り心地が悪いなんて書いてあるけど、GT-Rに比べりゃ天国だった。いちいち路面の凹凸を拾ってくれるGT-Rと違って、ものすごく乗り心地がいい!

家内なんぞは実家の70過ぎのおじいちゃんがMAZDA ロードスターに乗ってたりするスポーツカー好きな人だし、俺と会ってからはALFA 147GTA、ALFA Brera skywindow 3.2JTS、NISSAN GT-Rとアシのしっかりしたクルマにしか乗ってない人なもんで、あまりの乗り心地の良さに感動してました。

もちろん、フツーのクルマに比べたら全然硬いけど、ふわふわしたクルマに乗ったことのない俺に文句のありようはずもおまへん。

見た目も一見、フツーのコンパクトベンツなんだけど、よく見りゃ、あちこち出っ張ってたり、空気抜き用の穴が開いてたり、フロントグリルも拡大されてたり、幅も拡げてあったり、車高も低くなってたりと、いかついのね。フツーのCクラスと並んだりすると、いかつさが際だって、何か違うってはっきりわかるんだけど、この一見フツーって感じもまたいい。

コーナーでのロールも予測可能な適度なもので、感覚的に平行移動しているようなGT-Rに比べると最初はぐらつく感じがしてヘンだったけど、ちょうどいい、わかりやすい動きをしてくれる。

フツーのメルセデスCクラスのアシに比べると100%増しの硬さ、さらにパフォーマンスパッケージでその10%増しの硬さなのに、高級セダンの乗り心地なんて、すげーぞ!

それに、音!これがまたいい。BMW M3の硬質で精緻の極みのようなエンジン・排気音もいいけど、C63のアメリカンV8みたいなどろどろって凶暴な感じの音も気に入ってます。

アイドリングではGT-Rより静かだけど、ちょっと回転を高めてやると(これもM3の8000rpm超までってほどの高回転型じゃないけど、普通の高回転型エンジンで、レブリミットまで軽くふけあがって、アクセルゆるめるとストンとアイドリングまで戻る感じもいい。そんなときの音はGT-Rより大きい、規制ぎりぎりのものすごい音がする。アクセルゆるめたときにボッボッボと吹き返し音がするのもチューンドカーそのもので、これまた、いい!

コーナリングや信号での停止なんかで、勝手に回転合わせのブリッピングしてくれて、フォン、フォン、フォンと適切なギアにシフトダウンしてくれるんだけど、このときの音もかっこいい!普通の道ではマニュアルモードにする必要なんかありません。マニュアルモードは峠道なんかでスポーツ走行するときしか使わなくていい…んだろうけど、ボクは安全優良運転者でゴールド免許保持者だからスポーツ走行なんかしない。(^_^;

ちなみにマニュアルには1000kmを超えるまでは時速140km以上は出さないでくれ云々、これはあくまでクルマの性能についての話だから法定速度を守って運転せよ云々って書いてあります。o(^-^)

大阪・茅ヶ崎往復で1000kmを超えたから、リミッターが効く250kmまで一気に加速できる…んだろうけど、ボクは安全優良運転者でゴールド免許保持者だし、やらない。(^_^;

信号グランプリで、コンパクトなメルセデスだからとなめてかかって挑んでくるクルマを一気に加速してバックミラーの彼方に置き去りにするなんて簡単…なんだろうけど、ボクは安全優良運転者でゴールド免許保持者だから、やらない。(^_^;

高速道路で150km/h程度だと、車内音も静かで、それより低速のときよりさらに路面に吸い付くような感じになってリラックスして流せる…んだろうけど、ボクは安全優良運転者でゴールド免許保持者だから、んなこたぁしませんがね。(^_^;

GT-Rよりホントに小さくなったけど、それ以上に運転していて、実際より小さく感じるくらい運転がしやすいクルマです、C63って。

高速巡航も楽だし、渋滞に巻き込まれてチンタラ走るのもさほど苦にならないし、疲れないくるまですねぇ、ホント、感動モンです。

常に戦闘モードでがんがん走るんだったらGT-Rにはとても敵わないけど、いつも通勤や往診や行楽に出かけるときに使って、いざとなればGT-R にもさほど負けないくらい速く走れる「乗用車」ということでは完全に格上です。1クラスも2クラスも上ですね。シートのできも最高。

少し遅めのクリスマスプレゼント+少し早めのお年玉+かなり早めの誕生日プレゼントってな感じで昨年暮れぎりぎりの12月27日に納車された新車、メルセデス・ベンツ C63 AMGレポートでした。
f0029255_23727100.jpg

by nawakatsunori | 2010-01-07 02:38 |