<   2006年 03月 ( 38 )   > この月の画像一覧
子と母の絆、あるいは父の孤独
%u3056%u3064%u304C%u304F%u30FB%u3069%u3063%u3068%u30FB%u3053%u3080: %u89AA%u5B50%u306E%u7D46

うむ、やはり子供と母親の絆は強かったんだ。

小橋昭彦氏のざつがく どっと こむは、メルマガ時代から(今もメルマガもあるけど)愛読しており、RSSになった今でも更新のたびに楽しみに読んでいる。知的好奇心をそそる旬の話題をとりあげてくれて、けっこう深い内容を気軽に読ませてくれる科学エッセイである。

それの最新版に「マウスでは母親の脳細胞の1000個に1個、ときには10個もが胎児由来だったという」とあった。母親の血液に胎児の細胞が入り込み、脳などに27年以上も残存するらしい。胎児の細胞はさまざまな器官に分化できるようだが、損傷部位には特に集まりやすいとも書かれていた。母の傷を子供がいやすわけだね。

それにひきかえ、父親のほうといえば…放出したら終わり。胎児を抱え持つわけじゃないから、細胞が入り込むべくもない。孤独だ!

この秋から上の娘がイギリスに留学してしまう。オックスフォードのナンタラ校とかってのに行くらしい。カレッジだか、ユニバーシティだか、イギリスの大学制度をよく知らないから、何だかわかってないのだが、ともかく四年制大学にいくらしい。四年も不在になるわけだ。

だから、父と娘の絆を深めるべく、今はなるべく一緒にできることをしようと頑張っている。サックスも一緒に習ってるし、ときにライブも聴きに行く。下の息子は高専の三年生になるところで、サッカーだ何だと、なかなか一緒に遊ぶ機会がない。あまり父親べったりの倅ってのも気持ちが悪いからいいけどさ。倅のほうはとりあえず留学の予定はないみたいで、当面は日本にいるようだから、成人したら飲みにでも行くか。

こんな努力しても、母親にはかなわないんだろうなぁ。離婚するとなったら、ヤツら、かーちゃんについていくんだろうなぁ。俺は細胞レベルで既に負けてるわけだし…うぅ、母は強し、だね。
by nawakatsunori | 2006-03-31 11:22 |
発達のパターンは先天的なものなのか?

デキる脳は発達の仕方に差 米国立衛生研などが解明
共同通信社【2006年3月30日】

【ワシントン29日共同】知能指数(IQ)が非常に高い子供は、高度な精神活動をつかさどる大脳前部など特定の皮質の発達パターンに独特の特徴があると、米国立衛生研究所などのチームが30日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

7歳ごろには平均より薄い皮質が急激に厚くなって11-12歳でピークを迎え、その後急激に薄くなる。チームは「賢さには皮質の厚さ自体より、成長期の変化の仕方の方が重要らしい」と分析している。

5歳以上の青少年307人について、磁気共鳴画像装置(MRI)による脳の撮影を、最長19歳まで行った。知能テストを基に(1)IQが特に高い(121-149)(2)高い(109-120)(3)普通(83-108)の3群に分け、年齢に伴う大脳皮質の変化を分析した。

「特に高い」子供では皮質が年齢とともに薄い、厚い、薄いとダイナミックに変化したのに対し、「普通」「高い」の子供は8-9歳が厚さのピークでその後徐々に薄くなるパターンだった。

「特に高い」子は、高度な思考回路の発達に時間をかけ、その後は使わない回路を迅速に整理していると推定されるという。

m3.comの医療ニュースは、たぶん医療関係者しか読めないと思うので全文引用した。

「薄い、厚い、薄いとダイナミックに変化し」たのは、学習によるものなのかね?もともと生まれながらに、そういう発達パターンを示すようにできているのかな?後者だったら哀しいじゃないか。成長期に学習すれば賢くなれる(可能性がある)ってのと、もともとの素質によるから努力してもしょーがねーってぇんじゃ、だいぶ差がある。努力は報われるってほうがいいよなぁ。

この記事だけからだと、どっちかよくわからん。ホントはどっちなの?
by nawakatsunori | 2006-03-31 11:20 |
李承晩ラインもうないんだぜ、韓国!
Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8 : %u56FD%u969B%u30CB%u30E5%u30FC%u30B9

「竹島」検定の撤回要求 韓国、日本の教科書に抗議
[ 03月30日 12時52分 ]共同通信

 【ソウル30日共同】韓国外交通商省は30日、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)を、日本の領土と明確に記述するよう求めた文部科学省による2007年度高校教科書の検定結果について、撤回を要求し「断固とした対処をする」との声明を発表した。
 潘基文外交通商相は同日、聯合ニュースに「遺憾の意を表明する」と言明。韓国政府は同日、大島正太郎駐韓大使を呼び正式に抗議する予定。
 昨年2月、島根県の「竹島の日」条例を発端にした日韓関係の悪化は、小泉純一郎首相の靖国神社参拝で首脳外交が中断するなどさらに深刻化しており、教科書検定をめぐり韓国側が強硬な態度に出ると明言したことで、日韓の対立はさらに深まりそうだ。

外務省ホームページの「竹島問題」や田中邦貴氏の「竹島問題」で明らかにされているが、歴史的にも国際法上も竹島は独島なんかではない。断固とした対処をしなければならないのは我が国である。

1952年に李承晩(イ・スンマンと読めと韓国は云うだろうが、これも無茶な話。どこの国も自国の言語で外国人を呼ぶのが普通だ。ゲーテはGoetheで、発音が違うなんてドイツは云ってこないだろ?だいたい、イ・スンマンと書いた時点でもう日本語じゃん!)が勝手に「李承晩ライン」を引いたのがそもそもの問題で、本来、領土問題なんかなかったらしい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
李承晩ライン(りしょうばんライン)は、1952年(昭和27年)1月18日、大韓民国(韓国)大統領・李承晩の海洋主権宣言に基づき設定された漁船立入禁止線。韓国では「平和線」と呼ぶ。
海洋資源の保護のため、韓国付近の公海での漁業を韓国籍以外の漁船で行うことを禁止したものであるが、本当の狙いは韓国で獨島と呼ばれている竹島と対馬島の領有を主張するためのものであった。
これに違反した漁船(主として日本国籍)は韓国側による臨検・拿捕の対象となり、銃撃される事態まで起こった。
国際法上の慣例を無視した措置として日本側は強く抗議したが、このラインの廃止は1965年(昭和40年)の日韓漁業協定の成立まで待たなくてはならなかった。協定が成立するまでの13年間に、韓国による日本人抑留者は3,929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人を数えた。
李承晩ラインの問題を解決するにあたり、日本政府は韓国政府の要求に応じて、日本人抑留者の返還と引き換えに、常習的犯罪者あるいは重大犯罪者として収監されていた在日韓国人・朝鮮人472人を収容所より放免して在留特別許可を与えた。

勝手に線引きしといて、「韓国による日本人抑留者は3,929人、拿捕された船舶数は328隻、死傷者は44人」だぜ、何を考えてるんだ、ヤツら?

あの国は我が国に対して「正しい歴史認識を」みたいなことばかりいうが、てめぇんちで正しい歴史教育をしなさいっての。韓国の教科書を読むと(ホンモノはみたことないけど、いろんな本などで紹介されてる)愕然とするね。歴史の改竄もここまでいくと呆れるしかないが、呆れてるばかりではいけないとこまで来てる。

政府・外務省の毅然たる対応を期待したい。
by nawakatsunori | 2006-03-30 21:09 |
やっぱりフリージャズは性に合わないなぁ
フリージャズだから、もともとあまり期待してはなかったけど、やっぱりダメ。
リズムに乗れたのがブルースのコード進行だった一曲だけ。

ときどき "When the Saints marchin' in" らしきフレーズが入ってたから、そうなんだろうと推測したけど、それだけ。他はわけがわからん。俺の音楽的素養がないからかなぁ。

んにゃ、フリージャズだからさ! f(^ー^;

まぁ、76の爺さまとは思えないタフなブローが聴けたからよしとしよう。

日曜か火曜にはブルーノート東京(仕事中など、クリック注意!音が出ます)から優待メールが来てたから、デイブ・コズでも聴きに行こう。3/30〜4/4だから、行けるのは日曜か火曜。
うん、スムーズ・ジャズなら大丈夫。
by nawakatsunori | 2006-03-29 00:39 |
今夜はオーネット・コールマンのコンサートだ!
今夜は池袋に行ってきます。”奇跡の来日”をはたしたオーネット・コールマンのライブを聴いてきます。バップ系の、それもソニー・ロリンズファンとしては、フリージャズってのにはあまり馴染めなくて、普段はあまり聞かないけど、なにせ”奇跡の来日”だから、聞いとかないとね。

それにしても、Ornette Coleman 奇跡の来日公演決定!!って大仰なキャッチコピーは誰が考えたんだ?

去年から今年にかけて、サックスの巨人が日本にやってきてる。昨年来日したソニー・ロリンズはオーネット・コールマンと同じく1930年生まれで、10分以上のソロを平気でこなしてた。

ロリンズが登場したときは、正直、失敗したと思った。なんか覚束ない足取りでよたよたと現れたからね。演奏が始まったら、ぶっとんだ!76歳の爺さまのブローじゃない!2時間のステージを吹きまくって疲れ知らず。

ロリンズの時の問題点はひとつ。二階席の前から二列目だったんだが、一列目に陣取ってたグループの中の一人、俺の左前のほうにいたおっさんのクラップだ。みんながアフタービートで拍子を取ってクラップしてるのに、そのおっさん、表うちしてる。盆踊りじゃないんだからさ、やめてよね。調子が狂うぜ。

それはさておき、オーネット・コールマン(クリックするときは注意!アルト・サックスが鳴り響きます)も76歳だろ?特に奇跡ってほどのことでもないんじゃないか?

奇跡というなら、ルー・ドナルドソンの来日公演だろうが!4月17日から20日まで、ブルーノート東京に来るんだって!1926年生まれだよ、俺が生まれた1955年頃にはアルフレッド・ライオンのBLUE NOTEレーベルの看板プレイヤーだぜ。もうとっくにお亡くなりかと思ってたよ。生きてても演奏はしないだろうと思ってた。それが来日公演だよ、ドクター・ロニー・スミスを引き連れてさ!

これも予約入れなきゃなぁ!

3月30日から4月4日までデイブ・コズも来るし、サックス好きは何かと物いりです。ここらは若いけどね、まだ。

ま、余談はともかく、今夜のオーネット・コールマンなんか、ルー・ドナルドソンの四つも下なんだし、しっかり頑張ってもらわんとね。

さて、着替えるか、「往年のコールテン」の服にね。f(^ー^;
by nawakatsunori | 2006-03-28 12:01 |
「長生きタイプ」か「早死にタイプ」か、セルフチェック!

ナントカ長生きツアー
2006年3月27日放送
新企画「ナントカ長生きツアー」!!
日常生活の中に出てくる様々な2択…
どちらを選んだ方が長生きできるのか!?
(例)「パジャマを脱ぐのは、
    (A)上から? (B)下から?」
ゲストがそれぞれ当てつつ、監修医が解説します。
正解すると、参加者の“持ち寿命”が延び、
不正解だと“持ち寿命”が縮みます。
今回は、1)自宅編 2)会社編 3)コンパ編の3ステージ!
何気ない動作に潜む長生きの秘訣が満載!!
さらに、豪華キャストが日常生活を再現!?
ゲスト:石田純一、川島なお美、矢作兼、大沢あかね
お楽しみに〜♪♪
(○に数字は機種依存文字で正しく表示されないため改変→1) 2)…)

今夜、テレビ朝日系『くりぃむナントカ』にコメンテーター出演する(監修医が解説、ってヤツね)のだが、タイミング良く、セルフチェック あなたは「長生きタイプ」? 「早死にタイプ」? - nikkeibp.jp -健康という記事があった。

 自分は「長生き」するタイプなのか、それとも「早死に」するタイプなのか? これが、非常に簡単な方法で分かるかもしれないというと、やってみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

 それは、時計を見ないで「1分」を数えるという方法です。その時間を実際の1分と比較してみましょう。さて、あなたの予想した1分は、実際の1分よりも長かったでしょうか、それとも短かったでしょうか。

まず試してみて、結果は元記事をみてください。
俺はほぼ正確で、4秒ほど短いという結果でした。

たぶん、これは調査した結果だから、「ナントカ長生きツアー」でのオフザケ解説とはだいぶ違うと思う。ツアーのほうも、まぁ医学的根拠がないことはないんだけどねぇ。「できるだけ面白おかしく、ウケるようなコメントを」してくれとの要請だったから、まともに受け取ってはなりませぬ。σ(^◇^;)
by nawakatsunori | 2006-03-27 10:50 |
持続性(的)性喚起症候群:気持ちいいけど恥ずかしい
%u3061%u3087%u3063%u3068%u3057%u305F%u3053%u3068%u3067%u5FEB%u611F%u2026%u2026%u6301%u7D9A%u7684%u6027%u559A%u8D77%u75C7%u5019%u7FA4%u306E%u8B0E | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8

昨日、X51.ORGに持続性性喚起症候群の話『日常的に性交の快感が続く ”持続性性喚起症候群”とは』が載っていたが、忘れてた。

今日、Excite エキサイト:ニュースの新しい記事として「ちょっとしたことで快感……持続的性喚起症候群の謎」があるとRSSリーダでもあるSafariが教えてくれた。

男だったらどうなるんだ?パンツが最初はぐしょ濡れになって、乾いてごわごわになるのか?と、書いてみて、男は物理的にムリそうだと気づいた。300回も射精できるわきゃないよね。

とても恥ずかしい体験談がX51.ORGのほうに載ってた。うぅ、これは恥ずかしいだろうな。

【参考3】お出かけセット / 本当にあった私の体験談 ”イクイク病”より
翌朝、満員電車に揺られて会社に向かう時も、電車の振動にいちいち体が反応し、何度もイッちゃいました。会社にたどり着く頃にはヘロヘロで、とても仕事どころではありません。同僚に肩を叩かれたり、ポケットに入れておいた携帯が鳴っても、イッてしまい、さすがにこれはまずいなと思い病院に行きました。(・・・)日常生活にはかなりの“振動”が潜んでいます。さっきも書いた、自転車、電車に携帯。更には、階段、地震、カラオケやクラブの音楽の震動でもイッちゃいます。もう、外を歩くのは恐怖でしかありませんでした。

という記事だけど、この中の「お出かけセット」をクリックするとエッチグッズのショップに飛んじゃいますから、イヤな人はクリックしないでね。その次の「本当にあった私の体験談 ”イクイク病”より」もリンクが張ってあって、ワケワカなサイトに飛ばされます。これもそういうのが嫌いな方はクリックしないようにね。
※このページではリンクはしてません。オリジナルページでの話。

それにしても、どこの病院に行ったんだろう?

こういう症状のある方は、婦人科か心療内科にでも行ってちょうだいね。俺んとこに来られてもどうしていいかわからんからさぁ。

休みのときなんかに、個人的に会うのは面白そうだから歓迎します!
by nawakatsunori | 2006-03-25 15:27 |
お笑い芸人かな、北鎌倉の”せーさん”って?
昨日の帰り、間違えて北鎌倉に行っちまった。ま、ちょっとした小旅行だな。

いつもは1・2番線の東海道線で横浜まで行き、東横線に乗り換えるのだが、改札を通って発車時刻の電光掲示板をみたら、発車までにまだ10分以上ある。横須賀線をみたら、もうすぐ発車だ。こちらは停車駅が多くなって多少時間がかかるらしいとは知っていたが、バカみたいにホームで待つよりよかろうと、7・8番線ホームに降りた。

すると、すでに7番線に列車がいる。おっとっと、乗らなきゃ、てぇんで乗り込んだ。ドアが閉まり発車した。おやぁ?逆方向じゃん!1・2番線はどっちも上り方面行きなのに、7番線と8番線は逆方向かぃ!

次の北鎌倉で降りた。上りホームで酔っぱらって大声で何か一人で文句たれてる60歳前後のじいさまがいた。下りホームの俺とほぼ並行して改札に向かっていたが、酔っぱらってるから歩みが遅い。俺が上り線に登っていくとき、まだ降りる階段のところで仁王立ちしてやがる。じゃまだから、

「じゃまだよ、じいさま、通れねーよ」(優しく云ったんだよ、ホントに)
俺をよけながら、「生意気なこと云うんじゃねー!」だと。
「生意気だ?ざけんなよ、じいさん。ひとに説教こいてる場合か?長いこと生きてきて、酔っぱらって大声張り上げたり、人のじゃまになるようなことをしてて恥ずかしくねーのか?」
何か身構えて「やるのか?」
「何を?(笑)」
「講道館三段は強ぇえぞ!」
「へぇ、極真二段も強ぇえぞ(笑)」←嘘です。σ(^◇^;)
「ぅ…お前、極真か?」
「昔な」←嘘です。σ(^◇^;)
「左手を出してみろ!」
「ん?こうかぃ?」
手を出したら捻ろうとしてきたから、逆に捻り返してやったら、あわてて手を離そうとしたけど、離れない。そりゃそうだ、関節をキメたんだからな。可哀想だから力を抜いてやった。
「右は強いんだ!」
「あぁ、そうかぃ、もう止めといたらどうだよ、おっさん。俺のほうが強ぇえよ」
「…」←ちょっと無言。笑ってみてたら、
「俺が○○○の”せーさん”だ!」←よく聞き取れず。せーさん、だけ聞き取れた。
「はぁ?何それ?せーさん?有名人か?ヤクザもんか?だから何?(笑)」
「全共闘世代で知らないヤツはいない…云々」
「んなこたぁ知らねーよ、俺は全共闘の少し後世代だしな。知らないひとがいないくらい有名なんだったら、バカなことやってねーほうがいいんじゃねーか?」
「うるせぇ、生意気いうな!のしてやるから…云々」←のしてやるだぁ?俺は思わず笑っちまった。いまどき、そんなこといわねーだろ?
「止めときなよ、どうあがいたって、俺には勝てねーよ。有名じゃねーかも知れねーけど、俺、喧嘩つえーんだぜ、勝てる相手としかしねーからな。もう一回、関節キメてやろうか?」
じいさま、目を伏せて、ぶつぶつ云いながら、改札口に向かっていきました。

ちゃん、ちゃん。

あとで後悔した。「俺が有名なエキサイト・ブログのなーさんだ!」って言い返せばよかったなぁ…。

このナントカのせーさんってじいさま、知ってる人います?有名人らしい、自称だけど。

知り合いだったら注意しておいてやってちょうだい。俺がまともなひとだったからいいけど、相手によっちゃ、殺されるよってね。
by nawakatsunori | 2006-03-25 12:45 |
トラックバックできないとのことで…
erabu: %u6620%u753B%u300E%u30A8%u30DF%u30EA%u30FC%u30FB%u30ED%u30FC%u30BA%u300F%uFF08%u304A%u85A6%u3081%u5EA6%u2605%u2605%u2605%uFF09

erabuさんがトラックバックを何度も試みてくださったそうなんですが、不可だったとのこと。
こちらからTBします。今後ともよろしく!

なお、こちらの関連記事は『エミリー・ローズ:この映画はホラーではない、統合失調症の記録である』です。
by nawakatsunori | 2006-03-24 13:05 |
Trapa, as the alien craft:子供の頃に信じていたもの
この写真、どうです?
f0029255_10185637.jpg

得体の知れない動物か?
宇宙船か?
ステルス戦闘機のミニチュアか?

では、これを見てください。→ヒシ
この写真はこのサイトからもらってきました。

そうです、知ってる人にはどうってこともない、ただの菱の実。でも、子供の頃に川のよどみで見つけたときには、超小型宇宙人の乗り物だと思って驚きました。大発見だ!と思ったのでした。そういう目で見るから、中で何者かが動いているように思いました。否、たしかに動いていたのです、俺の目には。

ぜったい、中には宇宙人がいる!

外殻が柔らかかったら、何か新種の動物、コウモリとかの仲間だとか思ったかも知れないけど、けっこうしっかりした堅さを持ってたし、人工物のように思えたし、たしかに中で何者かが動いていたから、てっきり宇宙船だと思ってしまったのでした。

勇んで走って帰り、診察室にいた父親に云いました。

「おとうさん、おとうさん!これ、中に宇宙人がいる!宇宙船だよね、これ?!広瀬川に流れ着いてたんだよ!森田くんちから帰るときに見つけた!」
「ん?菱の実だな」
「へ?」
「菱って植物の実だよ、昔は食べたこともあるよ」
「へ?」
「でも、中で宇宙人みたいなのが動いてた…」
「錯覚だろうな」

砕いてみたけど、宇宙人なんかいませんでした。

知らないことやものは不思議なんですね。このようにして、少しずつ知識が増えて不思議がなくなり、だんだん身の回りから妖異が失われていくのです。
by nawakatsunori | 2006-03-24 11:08 |