カテゴリ:楽( 10 )
猫に眉毛があるとへん

猫に眉毛があるとへん。(笑)


by nawakatsunori | 2011-11-22 10:08 |
Google ブロガーのオープニング画面を見てね!(^_-)
スターウォーズのオープニングのようなのを作れるサイトがあったので作ってみました。

が、コメントに書いたように、ルーカスフィルムからクレームが来たみたいで、サイト自体が閉鎖・終了となってしまってます。

URLは http://www.starwarscrawl.com でした。←今はないよ!

exciteはiframeタグを許可してないので、埋め込みタグを記入しても画面に表示されないので、Googleブロガーのトップページに埋め込んで、オープニングアニメーションとして置いといたんですが、表示できなくなっちまいました。

私的固茹新聞 on Google

ということで、Googleのほうも特に変わるわけではないけれど、見てやってね。
by nawakatsunori | 2008-06-24 00:42 |
ハードボイル度診断書
f0029255_04319.jpg

My Favorite(右側のリンク集)にある『レイモンド・チャンドラーの世界』にある、「ハードボイル度診断」をやってみました。
皆さんもどうぞ!(^_^)b
by nawakatsunori | 2008-06-10 00:08 |
Hyatt Regency京都
本体はGOOGLEのブロガーにある。

http://nawakat.blogspot.com/2008/05/hyatt-regency-kyoto.html

今後はGOOGLEをメインにしようと思ってます。
ごめんよ、exitte。<(_ _)>
by nawakatsunori | 2008-05-22 22:39 |
『ミナミの帝王』はキタでも帝王だった!
IVR学会総会が大阪であった。木曜日からの開催だったが、金曜日の朝に新横浜を発ち、昼過ぎから参加してきた。

で、夜である。ミナミのはずれで開業している友人がいる。久しぶりに会おうということになり、全日空ホテルのロビーで待ち合わせ、北新地に。

高級寿司屋の『新・乾山』でたらふく食った後、その向かいにある『山咲』という、これまた高級なクラブに。シャンパン数本を抜きまくり、歌い騒いで午前二時。

この費用、一切支払いなし。全部、その友人が出してくれた。開業医もやり、開業コーディネータもやり、いろいろと手広く事業展開をしているんだが、キタの新地でも「顔」だった。ミナミの街では昔からぶいぶいいわせてるのは知ってた。俺も東京の友達に彼を紹介する際、『ミナミの帝王』だと紹介してた。実際、学生時代からミナミでは「顔」だったから。

以前、医療関係の会合があったときにもミナミの街にキタのクラブのおねーちゃんたちを引き連れてきて、歌い踊り騒いで遊ばせてもらったが、キタの街に連れてってもらったのは初めてだった。

昔、佐川満男(字が違うかな?)がやってた店がキタの新地にあって、そこで一度、一緒に遊んだことはある。「にせものくらぶ」ってオカマのショーパブには何度か遊びに行ったことはある。でも、キタでは「顔」ではなかった。

あれから20年…ミナミの帝王はキタでも帝王になってた。

しかし、金曜の夜の寿司屋とクラブ、いくらかかったんだろう???

翌日の焼肉屋も旨かったけど、これはタカが知れてる。たぶん、この焼肉屋くらいなら、ヤツが上京してきたときに、奢り返すくらいはできそうだ。寿司屋もまぁ、高くても10万はかかってないだろう。ムリすりゃなんとかなる。赤坂の隠れ家的高級寿司屋Fでも、思い切り食って、飲んでも一人3〜4万だし、ヤツが来るとわかったら、節約生活しておけば奢り返せる。

だけど、クラブはなぁ…。銀座のクラブなんか行ったことねーし…。当然、「顔」じゃねーし…。返しきれないな、金曜の夜の分。

ま、背伸びするこたねぇや、身の丈にあった店にお連れしましょ。あるいは、ヤツの娘ともマイミク(mixiってソーシャル・ネットワーキング・サイトでの友人のこと)になったことだし、彼女の誕生日にでも何か送るとかするか。
by nawakatsunori | 2006-05-22 00:11 |
信長の棺
当直に入る前にちょっと時間があった。
横浜市営地下鉄中田駅の向かいに平坂書房という書店があるので立ち寄った。
『ユダの福音書を追え』を買い忘れていたので買おうと思ったのだ。

ない!探してもないのでレジのおばさんに聞いたみた。なかった。

仕方なしにぶらぶら書棚を眺めていたら『信長の棺』が目に止まった。

腰巻の背には、「本格歴史ミステリー誕生!」とある。

手にとってみると、「遺骸は、なぜ本能寺から消えたのか……驚異の新人による、本格歴史ミステリー」と。

さらに、「まったく新しい謎と展開。ここには今まで誰も見たことのなかった信長がいる! 縄田一男」とも。

いまどきのカードカバーは高いなぁ、1,900円かよ!でも、信長ものだし、しゃーんめー、ってなわけで買ってしまいました。

まだ『ヒストリアン』が読了してないし、明日はサックスの演奏もあるし、読み始めは来週になるだろうけど、楽しみだ。

なんてことを書いて、テレビをオンしたら、NHKで『歴史の選択』をやってて、テーマがなんと「本能寺の変」だった。

今日は信長デーだな!
by nawakatsunori | 2006-05-05 01:28 |
Stefano Di Battistaの演奏、よかったぜ!
f0029255_0513037.jpg
Stefano Di Battistaを聞いてきた。サインももらった。ちょっと興奮ぎみのまま、帰りにムジカ・エルツ(クリック時、音量に注意!激しくサックスの音が鳴り響きます)に寄って練習してきた。

5月5日、サックスの師匠、ローラン佐藤氏のライブで一曲だけだけど、演奏することになったため、少しは練習しとかないといかんからだ。いい演奏を聴いた後だし、飲んだ後だし、自分の演奏にがっくりした。

酔っぱらっちゃいないけど、生ビールの後、 ラフロイグ タリスカーをストレートのダブルで一杯ずつ飲んでたから、息が続かない。ロングトーンが出せない。

仕方なしに、指使いを主体にした練習を1時間半ほど休み休みやって、5日に演奏する連中と話をしながらStefano Di Battistaのアルバムを聴いてた。帰ってきて、また聴きながら固茹新聞を更新。ライブはいいけどアルバム聴いてると飽きるってアーティストはごまんといるけど、Stefano Di Battistaは、アルバムも飽きずに聴ける。いい!

明日は飲まずに…ビール一杯くらいならいいかな?…練習するぞ!

アルトとテナーの差はあるけど、めざせ、Stefano Di Battista!
by nawakatsunori | 2006-05-03 00:54 |
あぁ、日本もおしまいか…(×_×)
f0029255_1026199.jpg

某メルマガで紹介されてたVOWネタっぽい写真。

北朝鮮の基地外とか、日本を属国だと思ってる中共だとか、歴史捏造の韓国だとか、きな臭い状況だけに、素直に笑ってばかりもいられないが…とりあえず、笑える。
by nawakatsunori | 2006-04-17 10:38 |
彼女との別れ、新たな出会い、これもまた人生
もう20年近くつきあってたスターリングシルバーのZippo。
オリエント・エクスプレスのロゴ入りで、けっこう気に入ってた。

その20年の間、いくつものZippoが通り過ぎていった。どこかに置き忘れてきたり、知らないうちになくなってたり…つまり、なくしちゃったわけ。

Zippoコレクターってのがいて、レアものとかをいっぱい集めたりしてるらしいけど、俺はそういう趣味はない。実用品だからだ。集めて、並べて喜ぶなんてことはしない。使う。あくまで使うために持つのだ。

それがとうとう、オリエント・エクスプレスとのお別れが来てしまった。mixi友達のレイレイさんたちと飲んだとき、居酒屋『くろ酒場 薩摩』においてきてしまったのだ。

レイレイさんは律儀に何度か連絡をしてくれたけど、どうしてもスケジュールがフィックスできず、そのままシンガポールへ。次回帰国時に持ってきてくれるって話になったけど、とりあえず日本のお土産として使ってちょうだいと、進呈した。

楽しく飲めたから、差し上げたこと自体はぜんぜん後悔してないし、むしろ美女に使ってもらえて(ん?使うのは美女のご主人か?)、本望だ。

が、いくぶん寂しさもある。いくつもなくしたのに、あれだけはずっとなくならず、なくしたと思っても、次に飲みにいったら店でとっといてくれたとか、なぜか必ず戻ってきていた。その彼女も、とうとうシンガポールに行ってしまったのだ。寂しくないはずがないだろう?

だが、今日、元町・中華街まで行く用事があったから、ついでにラテン・モードに寄って、クワドリフォリオのZippoを買ってきた!

つまり、新しい彼女ができたってこと。アルファロメオ・レーシング・チームのシンボルマーク、四つ葉のクローバーの七宝焼きメダルを配した、ブライアーで覆われたZippoだ。なんと美しい木目だろう。この手になじむ感触はどうだろう。

では、その新しい彼女を紹介しよう。
f0029255_23481892.jpg
どこかで出会ったら、仲良くしてやってくれよな、みなさん。
by nawakatsunori | 2006-02-07 23:52 |
マウスピース
今日は娘と一緒にサックスのレッスンに行った。先週、見学に来て、娘も始めることにしたのだ。

で、サックスそのものはまともなものだと中古で安くても20万くらいはするし、続くかどうかもわからんのに買えない。とりあえず、マウスピースだけでも買ってあげようということになり、師匠のローラン佐藤先生と一緒にサックスショップにいってもらい、ヤナギサワのハードラバーを買った。

最初はオットーリンクとか、ラーセンとか、メイヤーとか、洋物の定番を買うつもりでいったのだが、吹かせて(娘に)、吹いてもらって(師匠に)、吹いてみて(俺が)、ヤナギサワのが一番吹きやすいという結論に達し、それを選んだ。

スタジオに戻って吹かせて、吹いてみて、俺もほしくなった。

ちなみに今の俺のはラーセンのメタル。ラバーが一つくらいあってもいいやね。
f0029255_22504989.jpg

by nawakatsunori | 2005-12-28 22:51 |