カテゴリ:驚( 9 )
いや、参った、こんなに連携させてた!


Dae48d7ae1d9a75851c75be4aadb28bbd53abedc4781


by nawakatsunori | 2011-11-18 17:54 |
大黒オフ
f0029255_21224450.jpg
f0029255_2123653.jpg
f0029255_21234477.jpg

今日は大黒オフに参加してきました!\(^O^)/

飛び入りも多く、主催してくださったあどさんも正確には把握しておられないとのことですが、33台+αのCBA-R35が各色揃って大黒パーキングエリアの駐車場に並んでると壮観です!!

俺も相当入れ込んでるつもりだったけど、皆さんいろいろとモディファイしていて、まったくの納車されたまんま、ノーマル状態の俺は少し情けない感じがしました。σ(^◇^;)

ま、なんにもいじらなくても量産車世界最速最強のGT-Rなんだけどね。(^_^)b
by nawakatsunori | 2008-06-22 21:26 |
なんか、似てるような……>_<…
%u9280%u884C%u304C%u9593%u9055%u3048%u3066%u632F%u308A%u8FBC%u3093%u3060300%u4E07%u5186%u3092%u4F7F%u3044%u679C%u305F%u3057%u305F%u7537%u6027%u306E%u88C1%u5224 : ABC%uFF08%u30A2%u30E1%u30EA%u30AB%u30F3%u30FB%u30D0%u30AB%u30B3%u30E1%u30C7%u30A3%uFF09%u632F%u8208%u4F1A


鎌倉アーバンクリニック院長
高橋究先生(53)
f0029255_943060.jpg


俺(51)
f0029255_9431929.jpg


銀行が間違えて振り込んだ300万円を使い果たした男(49)
f0029255_9435120.jpg
by nawakatsunori | 2006-04-25 09:54 |
飲料水にウジが混じることはほとんどない?
%u30B1%u30FC%u30D7%u30BF%u30A6%u30F3%u3067%u5927%u578B%u306E%u30A6%u30B8%u304C%u5927%u91CF%u767A%u751F | Excite %u30A8%u30AD%u30B5%u30A4%u30C8

ウジは洗面台、トイレ、蛇口などからあふれ出し?
おいおい、ホラー映画か!?

飲料水にウジが混じることはほとんどない?
普通は「ほとんど」じゃなくてぇ、「ぜったい」ないんじゃないか?

もしまかり間違って、このウジを飲み込んでも、大きな健康上の問題は起きない?
あのさぁ、そういう問題じゃなくてぇ!気持ち悪いだろうがっ!

ケープタウンで大型のウジが大量発生
[ 2006年04月14日 12時07分 ]

[ケープタウン 12日 ロイター] 南アフリカ共和国ケープタウンで、オナガウジ(rat-tailed maggot)が大量発生し、パニックになっている。ウジは洗面台、トイレ、蛇口などからあふれ出し、保健当局はパニックの沈静化に努めているという。

ケープタウンのイヴァン・トムズ保健局長によると、飲料水にウジが混じることはほとんどないという。

「飲料水には塩素処理とフィルター処理が施されています。またウジがいる可能性がほとんどないダムの水を利用しています」

オナガウジは水生の茶色がかった幼虫で、2.5センチほどにまで成長する。ネズミのしっぽのようなしっぽがあり、呼吸管として機能している(英語名の直訳は「ネズミのしっぽを持つウジ」)。

そしてウジは明るい色のハナアブに変態する。ハナアブは外見はミツバチのようで、花粉を餌にする。

オナガウジは通常、よどんだ水に生息する。トムズ氏は、おそらく大量発生しているハナアブが、手洗いの水道管の中に卵を産み付けている、と推測している。

もしまかり間違って、このウジを飲み込んでも、大きな健康上の問題は起きないそうだ。

「オナガウジは大型で肉眼でもはっきりわかりますので、飲み込む可能性は非常に低いと思いますが」と同氏は付け加えた。

RAT-TAILED MAGGOT
Rat-tailed Maggot
ハナアブ類
ハナアブの幼虫か?!

こうして絵で見ると、けっこう可愛らしいけどなぁ…うじゃうじゃ、いっぱいいたらヤだろな、やっぱり。(-。-;)
f0029255_1532511.gif

by nawakatsunori | 2006-04-14 15:33 |
細胞分裂の”巻き戻しボタン”はどうやったら押せる?
癌細胞の分裂の巻き戻しボタンがあるのがわかったらしい。残念ながら今のところ、あるのがわかっただけで、どうやって押すのか、つまり、どうやったら分裂を巻き戻せるのかはわかってないみたいだけど。

今は「直接新しい癌治療につながるものではない"the research would not lead directly to new cancer treatments"」にしても、これ、すごい発見だよな。

ちゃんと”巻き戻”せるようになれば、癌治療は一変するぞ!


BBC NEWS | Health |
Cell division rewind button found

Scientists have found a way to reverse the process of cell division, previously thought to be unstoppable.
The finding by US researchers could have important implications for cancer, which is caused by cells dividing uncontrollably.

Writing in Nature, the team explained how controlling a key protein can interrupt the process.

UK experts on cancer cell behaviour said the research aided understanding of how cells should divide.

Cell division occurs millions of times each day in the human body.

Each time, the cell is supposed to be in the prime of health - so any DNA damage has to be repaired first - and the 46 pairs of chromosomes in the cell have to be divided equally between its "daughters".

However, both of these things can go wrong in cancer cells.

Timing

In the lab, researchers from the Oklahoma Medical Research Foundation were able to control a protein called cyclin which normally plays a key role in instigating cell division before disappearing.

They inactivated it using a chemical, and then washed that chemical out of the cells.

This meant cell cycle went backwards, sending duplicate chromosomes back to the centre of the original cell, which had been thought impossible, rather than continuing the division process.

This appeared to be because the cyclin was still present in the cell when, under natural circumstances, it should not be.

But the team had to act at a particular point, or the intervention failed to reverse cell division.

The team say this suggests many other factors involved in regulating cell division.

Dr Gary Gorbsky, who led the research, said: "No-one has got the cell cycle to go backwards before now.

"This shows that certain events in the cell cycle that have long been assumed irreversible may, in fact, be reversible."

Professor Jonathon Pines, an expert in cancer cell division at the Gurdon Institute in Cambridge, said the research would not lead directly to new cancer treatments.

But he added: "It is useful for us to understand how the cell goes through the process of segregating the chromosomes."

by nawakatsunori | 2006-04-13 11:16 |
オンナは○○○で考える…
言い古された言葉だが、女は子宮で考える、というのがある。うん、おしい!昔のひとは偉かったんだなぁ。当たらずとも遠からずで、卵巣で考えてるのかも知れない。

BBCニュースによれば、38歳までに一側の卵巣を摘出したひとは、そうでないひとの260%も痴呆(認知症)になりやすいとのこと。年取ってから両側を摘出したひとの場合、70%だそうだ。

そんなに若くして片側の卵巣を摘出するっていうと、確率が高い病気としては卵巣嚢腫茎捻転だろう。

こんなのなりたくてなるわけじゃないし、これを発症したらかなり「高率で緊急外科的処置が必要」な危ない病気だもの、摘出せざるを得ないことが多いと思う。今の命か、将来のボケかったら、やっぱり今の命を取るよな。

可哀想に…。

なんでも、エストロゲンが問題らしい。エストロゲンは40過ぎると急激に減るホルモンだから、このデータの38までというのが肯ける。

男はめったにキンタマ取っちゃったりしないから、たぶん、こういうデータは出てこないね。と、思って宦官のことが思い浮かんだ。宦官ってタマを取るのか?サオをとるのか?

で、ちょっと検索してみた。

宦官の作り方によれば、「執刀者は鎌状に少し湾曲した小さい刃物で陽根、陰嚢もろともに切り落とし、その後に、白蝋の針、または栓を尿道に挿入し(傷口が盛り上がることで尿道を塞いでしまうのを防ぐためだと思います。)、云々」とある。

宦官にボケが多かったという話はないよな?それどころか、皇帝をないがしろにして権勢をふるったりするヤツのほうが目立つ。キンタマはボケと関係なさそうだ。だけど、ニセ宦官も多く、後宮でえっちしてたヤツもいたみたいだし、よくわからんね。

ま、そんなことはともかく、不幸にして若いうちに卵巣摘出術を受けた方は、脳の活性化に努めてください。

今朝の『所さんの目がテン!』で実験してたけど、ひとと接するのが脳の活性化にはいいらしい。パソコンでかなり高度な知的作業をしてるひとより、他人と多く接してるひとのほうが脳の活動が盛んになるらしいから、引っ込み思案にならず、どんどんひとと接するようにしてね!


Ovary loss 'raises dementia risk'

Last Updated: Saturday, 8 April 2006, 23:09 GMT 00:09 UK

Women who have their ovaries removed may be at increased risk of dementia, a study of 2,500 patients suggests.
A Mayo Clinic, Minnesota, team found the risk was especially raised among young women - removal of one ovary by the age of 38 raised the risk by 260%.

They believe the key could be loss of the female sex hormone oestrogen, which may help prevent ageing.

Alternatively, they said women at risk of ovarian cancer may also be genetically at risk of dementia.

The findings were presented to an American Academy of Neurology meeting.

Like any medical or surgical decision, there is a trade between risk and benefit
Dr Walter Rocca

The researchers studied 1,209 women who had both ovaries removed, and 1,302 who had one removed, between 1950 and 1987.

They were compared over time with a similar number of woman who had not undergone surgery.

Overall, women who had undergone surgery were 40% more likely to develop signs of dementia or cognitive impairment than those in the healthy control group.

'Implications'

Women who had both ovaries removed by the age of 46 had a 70% increased risk of dementia or cognitive impairment.

And those who had one ovary removed before the age of 38 had a 260% increased risk.

Lead researcher Dr Walter Rocca said women who have both ovaries removed received oestrogen replacement therapy (HRT).

But he said it was possible the treatment was not continued for long enough, particularly if surgery was carried out at a young age.

Dr Rocca said the latest findings may have an implication for women who opt for ovary removal to reduce the risk of developing cancer later in life.

"Like any medical or surgical decision, there is a trade between risk and benefit.

"Our findings are important for situations where the removal of the ovaries is elective - that is, conducted to reduce the risk of ovarian cancer."

Dr Rocca's team has previously found that ovary removal increases the risk of Parkinson's disease.

The surgery has also been linked to an increased risk of cardiovascular disease and the bone disease osteoporosis.

'Necessary' surgery

Henry Scowcroft, of the charity Cancer Research UK, said: "Removing the ovaries is only done when absolutely necessary.

"It is important to bear this in mind when considering the theoretical risk of possible future problems.

"These results have not yet been published in a peer-reviewed journal so it is difficult to comment on the relative risks involved."

Dr Susanne Sorensen, head of research at the Alzheimer's Society, said it had long been thought that oestrogen might have a protective effect against the development of dementia.

However, she said a large international study had found no evidence that HRT had any beneficial effect.

She said: "These results again seem to indicate that there may be a link between the lack of oestrogen and the development of dementia, although the researchers state that the link may be more complex than thought earlier."

by nawakatsunori | 2006-04-09 21:49 |
Rogue Cops:映画だけの話じゃないんだね
今日のBBCニュースに Eppolito と Caracappa という、いかにもイタリア系ってわかる名前の悪徳警官が有罪になったってのがあった。ルケーゼ一家から毎月4.000ドルお小遣いもらって、悪さしてたらしい。なんだか殺人の報酬としては安いように思うなぁ。殺人とか、大きなイベントがあるときはボーナスがでたのかね?

それで”ルケーゼ”を検索したらWikipediaにはない。ルッケーゼだった。記事には"Luchese"とあったから、ルケーゼとしてみたんだけど、cが足りないみたい。

"Gangstars Incorporated"でも、'Lucchese'になってる。BBCもアメリカ合衆国の話になるとスペルがいい加減になるのか。

で、”ルッケーゼ”一家の話(LUCCHEZE CRIME FAMILY)を読んでたら、下のほうに"The Mafia Cops"としてこいつら(Eppolito と Caracappa)の話がちゃんと載ってた!

Eppolitoなんか、自伝まで書いてるらしい。

“I kept a sawed-off shotgun in my locker for just such occasions. It fit snugly under the folds of my trench coat. I spotted Frankie sitting at a card table walked up behind him, stuck the barrel in his mouth, and ordered him to his feet. “bye motherfucker” was all I said , and he lost his whole insides . as I backed him into a wall I watched the stain in his pants get bigger and bigger. Suddenly I knew what it felt like to be my father. I was walking like a wiseguy, talking like a wiseguy. ... I cocked both barrels. “Please” he begged, “please”. For one instant, I had this wonderful, heady urge to pull the trigger.
-Louis Eppolito in his autobiography “Mafia Cop”

残忍なヤツだよ、エッポリート。人の良さそうな、でぶなのにな。

ショットガンを突きつけて、相手がビビって小便漏らしてるのをみて、'wonderful, heady urge'だから、すばらしく、ワクワクするような衝動って感じかな、殺すのにワクワクするって…どうよ?

「1つの瞬間の間、私には、引き金を引くこの素晴らしくて、性急な衝動がありました。(by Excite 翻訳:まぁ、意味はわかるけど、ヘンな日本語だこと!笑うのにはいいよ、Exciteに限らず、こういうWeb 翻訳は)」だってぇからね。

訴追の罪状は"eight murders, two attempted murders, one murder conspiracy, obstruction of Justice, drug distribution and money laundering"、8件の殺人、2件の殺人未遂、1件の殺人謀議、裁判の妨害(かな?Justiceと、最初が大文字だから裁判だよね?)、麻薬密売、マネーローンダリング。

これ、日本だったらムリだよね。二十数年もの間、バレずにすむってこたぁねーぜ、絶対に途中でバレる。さすがアメリが合衆国だわ。



** NY police guilty of mafia murders **

Two long-serving New York detectives are convicted of murder for participating in mafia killings.


Louis Eppolito, 57, and Steven Caracappa, 64, were found guilty of working for the Luchese crime family while serving as detectives.

Assistant US Attorney Daniel Wenner called the case "the bloodiest, most violent betrayal of the [police] badge this city has ever seen".

A jury took two days to convict the two men, who face life imprisonment.

Eppolito and Caracappa, who were decorated for their efforts as detectives, were convicted of involvement in eight murders on behalf of the mafia between 1986 and 1990.

'Crystal ball'

Prosecutors said the two men carried out two killings themselves, after halting the victims' vehicles at traffic stops. Other victims were kidnapped before being handed over to the Luchese family.

The court also heard that on one occasion, the two detectives arrested a mafia figure only to hand him over to be tortured and murdered.

Prosecutors also said the pair provided inside information about informants, and were referred to by Anthony "Gaspipe" Casso of the Luchese family as his crystal ball.

Prosecutor Mitra Hormozi said each detective received a monthly payment of $4,000 (£2,300) from the mafia for handing over confidential police information.

The pair, who retired in the early 1990s, had denied the allegations. They declined to give evidence in court in their defence.

Eppolito played a bit part in the classic Mob movie Goodfellas, and then unsuccessfully tried his hand at Hollywood script-writing.

おっと、最後をみたら驚くじゃないの!エッポリートのおっさんたら、『グッドフェローズ』にちょい役で出てるってか?!この映画、DVD持ってたかなぁ?今夜は買いに行く暇がないから、家になかったら借りて観てみよっと。近所のレンタル屋さんなら深夜2時までやってるし。
by nawakatsunori | 2006-04-07 16:49 |
従業員の体内に小さなシリコンチップが埋め込まれた!
%u7C73%u56FD%u521D%u3001%u4F53%u306B%u57CB%u3081%u8FBC%u3093%u3060IC%u30BF%u30B0%u3067%u5F93%u696D%u54E1%u3092%u8A8D%u8A3C
体内埋め込みICタグなんてのがホントにあるとは!


米国初、体に埋め込んだICタグで従業員を認証
AP通信

監視機器を扱う米シティーウォッチャー・ドット・コム社で、2人の従業員の体内に小さなシリコンチップが埋め込まれたことが13日(米国時間)に報じられた。ICタグを使った認証技術の試験の一環として、本人が志願したものだという。

メキシコ検事局では、2004年に、いわゆるRFID(Radio Frequency IDentification:無線通信による識別技術)チップを一部の職員の体内に埋め込み、立ち入り制限区域への人の出入りを管理している。シティーウォッチャー社が従業員にチップを埋め込んだのは、業務上で人体にこの技術が使われた米国初のケースと考えられている。

シティーウォッチャー社のショーン・ダークス最高経営責任者(CEO)自身も、体内にチップを埋め込んだ。

「私もチップを埋め込んでいる。自分がやろうと思わないことを人にやれとは言うつもりはない。当社の従業員が、クビを恐れてチップを埋め込まざるを得なくなるようなことはない」とダークスCEO。

チップは米粒くらいの大きさで、前腕の皮膚のすぐ下に医師が埋め込んだとダークスCEOは述べる。

チップは「入室カードのように機能する。ドアの外側に読取装置があり、近づいてその下に腕を出すとドアが開く」とダークスCEOは説明した。

ダークスCEOによると、チップを埋め込まれた従業員の行動をシティーウォッチャー社が追跡することはできないという。

「これはパッシブチップだ。信号などは発信しない。カードキーと同じようなものだ」とダークスCEOは述べる。

シティーウォッチャー社では6つの都市と契約し、犯罪の発生しやすい地域でカメラとインターネットを使った監視を提供しているという。同社では今回埋め込まれたチップを使って、警察が使用するデータや画像が保管されている収蔵庫に出入りする従業員の認証を確実にする実験を行なっているとダークスCEOは述べた。

この技術そのものは第二次世界大戦前から存在するが、近年、さまざまな形で利用されるようになっている。ペットや車両、倉庫にある商品の追跡などだ。

ハリケーン『カトリーナ』による被災の後、収容される遺体が増え、行方不明者に関する届出も急増したため、ミシシッピ州の遺体安置所の一部の職員が、身元が特定できていない遺体の状況管理にこの小さなコンピューターチップを使った(日本語版記事)という例もある。

[日本語版:平井眞弓/長谷 睦]


ほ、ほんとにこんなことがある時代なんだなぁ。
怖いね。(◎-◎;)
by nawakatsunori | 2006-02-16 01:16 |
JA22 & Curry
今日はジャズの日であり、カレーの日でもある(んだそうだ)。

なぜジャズの日?

一月は英語で?→ January
その略称は?→JA(農協か?)
今日は何日?→22日=ZZ日に似てなくもない。

で、JA22=JAZZ って、苦しくないか?(-.-;)y-゜゜

なぜカレーの日?

「昭和57年、全国学校栄養士協議会がこの日の給食をカレーに決めた」

こ、これだけかぃ!?

で、栄養士さんたちゃ、どうして「この日の給食をカレーに」しようと思い立ったわけ?根拠が薄弱だよ、わけがわからん。JA22のほうがまだわかるじゃねーか。

JAZZはどうせ毎日聞いてるから、今日がジャズの日だろうがクラシックの日だろうが関係ないけど、今日の昼飯はカレーに決定。よくわからんが、とにかくカレーの日なんだから。

で、「ジャズ カレー」でGoogle検索してみたら、なんと町田にジャズのライブをやるカレー屋さんがあった!軽い驚き!

モコモコ
f0029255_11581015.gif

by nawakatsunori | 2006-01-22 10:52 |