GT-Rに関する三つの驚き
f0029255_18411458.jpg

【その1】乗り心地がいい!
たしかに硬い。でもこれまで俺の車のアシはいつでも硬かったから別に硬さに抵抗はない。妻いわく「身体が左右に揺られないね。これまでのクルマで一番乗ってて楽」だそうです。
ま、慣らし運転で3500rpmまでしか回してなくて、一歳児もいることだし、流し運転だったからかも知れないけど。

【その2】スピード感がない!
ふと気づくとターンパイクのワインディングロードでも100km/hを軽く超えてしまっている。フツーに流しているだけなのに。
慣らし中で急アクセル、急ブレーキは御法度。だからコーナー手前でのブレーキングもごくフツーにたらり〜んと踏むだけなのに、しっかり減速してくれて、あまりロールを感じずにすら〜っとコーナリングしてしまう。
西湘バイパスや新湘南バイパスで100km/hキープで走ると50〜60km/hで走ってるみたいな感じ。妻いわく「今日はずいぶんゆっくり走ってるように感じるよ。何キロ出てんの?
実は100km/h出てんだよ!

【その3】フューエルゲージが…
やけに速く下がっていきます。
燃費計もついてはいるけど、怖くて表示できません
by nawakatsunori | 2008-06-10 18:42 |
<< Mine's 箱根ターンパイク >>