『ミナミの帝王』はキタでも帝王だった!
IVR学会総会が大阪であった。木曜日からの開催だったが、金曜日の朝に新横浜を発ち、昼過ぎから参加してきた。

で、夜である。ミナミのはずれで開業している友人がいる。久しぶりに会おうということになり、全日空ホテルのロビーで待ち合わせ、北新地に。

高級寿司屋の『新・乾山』でたらふく食った後、その向かいにある『山咲』という、これまた高級なクラブに。シャンパン数本を抜きまくり、歌い騒いで午前二時。

この費用、一切支払いなし。全部、その友人が出してくれた。開業医もやり、開業コーディネータもやり、いろいろと手広く事業展開をしているんだが、キタの新地でも「顔」だった。ミナミの街では昔からぶいぶいいわせてるのは知ってた。俺も東京の友達に彼を紹介する際、『ミナミの帝王』だと紹介してた。実際、学生時代からミナミでは「顔」だったから。

以前、医療関係の会合があったときにもミナミの街にキタのクラブのおねーちゃんたちを引き連れてきて、歌い踊り騒いで遊ばせてもらったが、キタの街に連れてってもらったのは初めてだった。

昔、佐川満男(字が違うかな?)がやってた店がキタの新地にあって、そこで一度、一緒に遊んだことはある。「にせものくらぶ」ってオカマのショーパブには何度か遊びに行ったことはある。でも、キタでは「顔」ではなかった。

あれから20年…ミナミの帝王はキタでも帝王になってた。

しかし、金曜の夜の寿司屋とクラブ、いくらかかったんだろう???

翌日の焼肉屋も旨かったけど、これはタカが知れてる。たぶん、この焼肉屋くらいなら、ヤツが上京してきたときに、奢り返すくらいはできそうだ。寿司屋もまぁ、高くても10万はかかってないだろう。ムリすりゃなんとかなる。赤坂の隠れ家的高級寿司屋Fでも、思い切り食って、飲んでも一人3〜4万だし、ヤツが来るとわかったら、節約生活しておけば奢り返せる。

だけど、クラブはなぁ…。銀座のクラブなんか行ったことねーし…。当然、「顔」じゃねーし…。返しきれないな、金曜の夜の分。

ま、背伸びするこたねぇや、身の丈にあった店にお連れしましょ。あるいは、ヤツの娘ともマイミク(mixiってソーシャル・ネットワーキング・サイトでの友人のこと)になったことだし、彼女の誕生日にでも何か送るとかするか。
by nawakatsunori | 2006-05-22 00:11 |
<< 俺の事情みたいじゃねーか!ちゃ... 久しぶりに怒鳴りまくった! >>