久しぶりに怒鳴りまくった!
「もしもし、縄先生でしょうか?在宅訪問診療、お願いします」
「はぁ?何それ?」
「今日の午前中、先生が在宅訪問の担当になってます」
「何いってんだ、おめぇ?ざけたこと抜かしてんじゃねー、すぐここに来い!今、俺ぁ、新入院の患者さんの二人目を診てるとこだ、3A病棟だ!!!」

月曜の夜中に救急車で搬入された患者さんが二人。一人目の方をICUに診にいって、一般病棟に入った二人目の患者さんを診て、電子カルテに指示を書いているときに院内ピッチが鳴っての会話だ。

あわてて飛んできた事務職員。無視して指示を書きおえて…

「先生、病棟中に声が響き渡るから、隣のカンファレンスルームでどうぞ」とナース。
「小声で話すから大丈夫だよ」

「で、俺が在宅訪問の担当だぁ?いったいどういうこったぃ?俺ぁ聞いてねーぜ。誰がそんなこと云ったんだ?俺は今、K先生(名誉院長)に、昨日入られた総合診療科のお二人、両方とも先生が担当してくださいと云われて診てるんだぜ。K先生は俺がそんな担当になってるなんてご存じないはずだ。もし知ってたら、昨日入院のお二人を両方とも担当せいとは云わないはず。誰が決めた?K先生に了解を得てるのか?俺が入院の患者さんを放り出して往診に行っちまっていいんだな?K先生に確認してみろ、バカ野郎め!俺はそんな話は聞いてねーから行かねーよ。ザけたことこいてんじゃねーや、バカめ…って、おめーに云ったところではじまらねーやな。おめーも上に云われてきたんだろ?ま、ともかく、俺は行かねーからな」

と、下っ端をあしらって、病棟を見て回ってから総務課長のところへ。総務課長というのは、他では病院事務長にあたる役職。

「先生、申し訳ありませんでした!」と総務課長、顔を見るなり云った。

「彼も本部の上から云われていっただけでして…」

ここで初めてわかったのだが、本部というのがグループすべての病院や施設を統括していて、病院総務課長といえども、本部の中では下っ端なのだった。

「あのなぁ、俺は今日は半日で終わりなんだぜ。で、今日の午前中は病棟を診てまわらなきゃならねーの、わかる?今までの方も診るし、新規の方は俺が担当するわけだ。それもやりぃの、往診も行けぇの、できるわきゃねーだろ?さっきK先生に連絡して確認したら、ご存じなかったぜ、俺が病棟放り出して行っちまったら、K先生がやらされるはめになる。そしたら外来はどうなるんだ?外来やりながら病棟もってか?そんなこと、できるわけねーだろ?」

「病院に慣れたら、おいおい在宅訪問もやっていただくこともあるってな話は聞いてたけど、今日からやれなんてなぁ聞いちゃいねーよ。外の病院の当直もやらなくていいってのが、もう二回も行かされ、今日も病棟の後はオフだってのは知ってるはずなのに、どうやって行けってぇの?業務が終わったあとでいいから当直に行けってぇなら、まぁ行けなかねーや。ギャラも出るし、まぁいいかってなもんで、行くには行ったぜ、先日。でもな、今日の話はねーよ、絶対」

「外来が50人以上になりました、終わりが14時になっちゃいました、これなら仕方ねーや、文句は云わねーさ。俺の担当って決まってることなら、きっちり終わるまでやるわ。入院が10人ありました、他の医者が手一杯だから、全部担当せぃ、これも文句は云わねーよ。俺が担当するしかねーならな。しっかり全部診る、それが俺の仕事だからだ。担当の患者さんが急変した、すぐ来てくれ、これも俺の仕事だ、行くよ、そのために歩いて3分のとこに仮住まいしてんだ」

「俺ぁな、超自然現象なんざ、ひとつも信じてねーの、わかる?病棟にもいて、往診先にもいるなんて、SFかホラーみてーなことができるとは考えられねー。俺はブラフマン(インド哲学でいう、遍在する宇宙の真理、世界の魂)か?そーじゃねーだろ?遍く存在するなんてことはできゃしねーの!俺は聖徳太子か?一度に10人の話を聞きわけられるとでも思ってるんかぃ!ムリ!俺ぁ一度にひとつのことしか担当できないぜ。今ここをしっかりやれてぇなら、ちゃんとやってやるよ。院内と院外に同時にいろっても、できねーな、俺ぁ。あんまり寝ぼけたこというなよ」

「給料とは別に時給10万とか15万とか出してくれるんかぃ?そんなら行ってもいいけどな。あ、ホントに出すなんて云うなよ。出すわけねーだろと思うから、行かねーよって意味だぜ。行かねーってか、行けねー、ムリ!」

「院長、名誉院長のおふたりが、悪いけど行ってくれてぇなら、話はわかる。おふたりがおっしゃるなら、今の俺の仕事の代行はどなたかがやるように手配してあるだろうしな。俺は直属の上司の命令以外は聞かねーからな、本部に云っとけ!ヤツぁ人がいいから行けってば行くだろ、なんて考えてたら大間違いだぜ。できることなら引き受けてやるが、できねーことは絶対できねーよ」

ということで、業務内容を吟味して、契約書を交わすことになった。

そういや、大船のクリニックのときは一応、契約書もあったけど、今度の病院との契約書なんて、なかったぃ。俺もなんて間抜けなんだ!迂闊だったなぁ。σ(^◇^;)
by nawakatsunori | 2006-05-16 23:00 |
<< 『ミナミの帝王』はキタでも帝王... ったく…いきなりハードな勤務を... >>